脇の黒ずみ改善方法

脇の黒ずみを改善する方法100選!

脇の黒ずみを改善したいと切望している方にその方法を100選ご紹介します。

 

まずはどうして脇の黒ずみができるのか、そのメカニズムから見ていきましょう。

 

脇の黒ずみを改善するためにはまず3つのポイントがあります。

 

1つが脱毛の方法です。

 

脱毛の方法としては、毛抜き・カミソリ・電動カミソリ・除毛クリーム・エステサロンでの脱毛があります。

 

この中で1番脇の黒ずみを悪化させてしまうのが毛抜きやカミソリでの処理です。

 

毛抜きで処理をしていると、毛穴が炎症を起こして出血してしまうこともあります。

 

その毛穴にばい菌が入って、吹き出物になったりすることもあります。

 

だから脇の黒ずみだけでなくぶつぶつも気になる肌になってしまうんですね。

 

そして、ムダ毛が皮膚の中で成長してしまい、表に出てこれない、いわゆる埋没毛にもなってしまいます。

 

これは、単にブツブツでなく、黒いブツブツになるので、とてもかっこ悪いです。

 

カミソリで処理をすると皮膚の角質をドンドン削ってしまうので、これも肌にとってとても悪いです。

 

摩擦が黒ずみの原因の1つでもあるからです。

 

電動カミソリは、自分でカミソリで剃るよりも優しいですが、それでもやはり肌に刺激があります。

 

エステサロンでの脱毛が、脇の黒ずみを改善するには1番オススメです。

 

2つ目のポイントが、脇の保湿をしっかりするということです。

 

顔には化粧水や乳液でしっかり保湿しますね。

 

また体もボディークリームで保湿していると思います。

 

それなのにい脇の下には一切何も塗っていない方が多いと思います。

 

そればかりか、制汗剤を付けたり、スプレーしたりすることがほとんどですね。

 

保湿されていないと肌の新陳代謝が悪くなります。

 

肌は28日〜56日程度の周期で生まれ変わっているのですが、このことをターンオーバーといいます。

 

ターンオーバーがうまくいっていないと、肌がゴワゴワしたり厚くなってしまいます。

 

だからしっかり保湿してあげることが、黒ずみを改善するのに大切なことなのです。

 

次に美白成分を与えてあげることです。

 

脇は太陽の光に当たらないですよね。

 

それなのになぜ黒ずむのだと思いますか?

 

ここにはメラニン色素が発生しているんですね。

 

太陽の光が当たらないけれども、普段から摩擦などが多い脇の下は、それが刺激となってメラニン色素を作ってしまいます。

 

脇の黒ずみ専用のジェルやクリームは、ベタベタせずに快適な状態で保湿成分をきちんと与えることができます。

 

3つめのポイントが、汚れをきちんと落とすことです。

 

脇の下に制汗剤を塗る方は多いと思いますが、そのためにそのパウダーが毛穴にたまったりして、思っている以上に汚れがたまっているんですよね。

 

脇の黒ずみ改善専用の化粧品を使うのと並行して、脇のピーリングなどを行うと成分がよりしっかり浸透してくれます。

 

脇用のピーリング製品はドラッグストアなどでも手に入ります。

 

つまり脇の黒ずみを効果的に直したいときには、この順番で手入れをすると確実に良くなります。

 

 

1、エステサロンで脱毛をする

 

2、1週間に1度くらいピーリングをする

 

3、脇の黒ずみ専用のクリームを朝晩使う

 

 

もしも脱毛サロンに通う余裕がない方は除毛クリームで脱毛するようにしてくださ。

 

これを継続することで脇の黒ずみはかなり改善されますよ。